豊富な種類が揃う補聴器!選び方のポイントを知ろう|The Medicine

補聴器の種類

補聴器には、耳あな型や耳かけ型、ポケット型やメガネ型など、さまざまな種類が存在しています。それぞれの特徴を踏まえた上で、自分自身のライフスタイルに合うものを選択するのがオススメです。選び方についても、事前にしっかりとチェックしておきましょう。

補聴器の選び方で重視すべきポイントベスト5

no.1

用途に合った補聴器であること

補聴器にも、残念ながら限界はあります。「どんな音でも聞こえやすく」というのは難しいからこそ、どのような目的で使用したいのかを明確にして、それに合う補聴器を選択することが大切です。

no.2

技術力の確かなお店を選ぶこと

補聴器購入には、さまざまな不安も付き物です。だからこそ、確かな技術力を有するお店で購入するようにしましょう。後々のメンテナンスも安心して行えます。

no.3

両耳で使う際の価格について

補聴器は、両耳で使うのがベストです。それなりの価格の製品が多いので、「両耳で使う場合の費用」についてしっかりと検討し、納得できる範囲の製品を選ぶことも大切です。

補聴器

長く使っていくために

補聴器は数万円から数十万円するものまで価格帯が広いです。値段が高ければそれだけ機能は高く充実しています。しかし、補聴器には寿命があり数年経てば性能が落ちてしまいます。補聴器を使い始めるなら長期的なことを考え、無理のない予算にする必要があります。値段以外にも使い心地が選び方のポイントです。

その人に合う物を選ぶ

選び方を理解してから販売店に行きましょう。まずはウェブページに詳細情報や値段が書かれているので参考にしてください。あらかじめ予算の範囲内を決めて販売店で絞り込んでいきましょう。もし予算よりも価格の高い補聴器を進められたら価格の価値があるか冷静に考えましょう。補聴器には色々な形がありサイズは小さめです。いずれの形も専用の電池で動きますが、電池も消耗していくので定期的な交換が必要です。電池は自分で交換するので、細かい作業が難しい場合は大きめの形が扱いやすいです。その人に適した補聴器の機能は違ってきます。どんな状況で使いたいのかをあらかじめはっきりさせて販売員と相談しましょう。

立ち会ってもらう

補聴器は価格も高額であり、人によって合うタイプが違います。後で後悔しないためにも選び方に気をつけましょう。販売店で補聴器を購入する時は家族や知人などを同席してください。 高額な買い物となるので他の人と相談しながら決めた方が良いのです。まずは聴力測定し、視聴してから購入となります。他の人によって補聴器によって聞こえが良くなって効果が出ているのか判断してもらえます。補聴器は本人だけでなく周りの理解も必要です。場合によっては一定期間貸し出して効果を試せる機会があります。購入する前にそれらのサービスがあるのか販売店で確認してください。

広告募集中